国内における硬貨と紙幣の歴史

国内における硬貨と紙幣の歴史

少なくとも銀行などでキャッシングをしている私にとって硬貨と紙幣無しに生活するというのは困難な事です。 例えばこの文章を見るにはインターネットを利用する必要があるわけですが、 現金以外の物資をインターネット会社に渡して利用できるようにしたという話は先ず聞きません。 ましてや労働義務を果たしたくても果たせず国から保護を受けている方々でさえ現金受給によって生活をしているのが現状なのです。 それ程までなこの国のお金と生活の密着度は、 硬貨と紙幣の歴史という形で示しても何ら不自然にならない程に 膨大な硬貨と紙幣にまつわるエピソードの賜物と言っても過言ではありません。


そこでまずお金大好きキャッシング利用者の私が国内における硬貨の歴史について考えてみました。。 貨幣という括りで考えた場合、硬貨の誕生は紙幣よりも圧倒的に早いのが大きな特徴で、その歴史は1000年以上前に始まります。 当時交流のあった外国の貨幣を参考に作られたわけです。 また、現在においては記念硬貨として作られている金貨もほぼ時を同じくして作られている事が金貨そのものの出土という形で証明されています。 この頃の硬貨の素材は金・銀・胴なのに対して現在の一般市場で流通している硬貨の素材はアルミニウムや合金である事も 造幣の歴史における技術の進歩を感じさせてくれます。


一方、国内における紙幣の歴史はどのようになっているでしょうか。 現物が確認されている暫定の国内初の紙幣は今から500年ほど前に発行されています。 また、その時代付近に発行された紙幣は、使える地域が限られているという今で言う金券に近い存在であった事も実に面白い話です。 しかし、国家規模で起こった革命に合わせて現代と同じように全国で使用可能な紙幣が全国の銀行で発行されるようになり、 最終的に一つの銀行のみが発行出来る体制が確立され現在に至っているのです。 そして紙幣も硬貨同様に時代に即した技術が詰まっている事を忘れてはなりません。


最後に私が貨幣の歴史を感じる事柄として国内の貨幣の単位の変化を挙げてみます。 時代劇でうかがう事が出来る貨幣の単位は実際に昔に使われた貨幣の単位(幸い現代においても両替という言葉にその名残が見られる)なわけですが、 現在の貨幣の単位と違うのは明らかです。 これは前述の革命後における法律の制定で、実質一部の単位の呼称変更と貨幣の変更が施された事によります。 また、国内においてはその頃も含めて長らく3種類の単位の貨幣が存在しており、時代と共に貨幣の単位は1つに絞られたものの、 取り消された2つの単位のうちの1つは、株式や為替といった世界規模の分野において名残があります。 もしかして事と次第によっては貨幣の単位も違っていてキャッシングするのにもウン万円とかの単位じゃなかったのかも。 そんなことを考えるのもオモシロイです。